THE BLUE VAN

THE BLUE VANサード・アルバム『MAN UP』かっこいいです。
骨太のブルース・ロックンロール。
もう異次元に突入してしまったJACK WHITEは別格として、JETやWOLFMOTHERのオーストラリア勢以外に、どうもこういう音楽が日の目を受けにくくなってる。
確かに古典的かもしれない。だけど、そんなことはどうでもいいし、いいものはいい。
単純な話、こういう良質なソウル・ミュージックを見過ごしちゃうのは勿体ない。

特に、イントロのエッジーなギター・カッティングからセクシーなトーンのロックンロールを炸裂させる「THERE GOES MY LOVE」には痺れます。

こんなストリート・パフォーマンスでもかっこいいんだから、素敵だよね。
タイトル・トラック「Man Up」


[PR]